麻酔科医『朝活ドクター』 の 研究日誌

~ ドクターズライフハック研究日誌 ~

今日(10月13日)は「麻酔の日」

f:id:kamome_oita:20131013121307j:plain

今日(10月13日)は「麻酔の日」です。


1804(文化元)年10月13日、華岡青州が世界で初めて全身麻酔による乳癌手術を成功させたことに由来し、日本麻酔科学会が制定しました。


華岡青州(はなおか・せいしゅう/1760~1835)は、江戸時代後期の医師で、華岡流外科の創始者です。

和歌山県那賀郡西野山村(現・那賀町)の華岡道直(医師)の子として生まれ、京都医学を学び、後に、乳癌手術の実現を志して、麻酔の研究に取り組み「通仙散」(曼陀羅華を主成分とする麻酔薬)を調合し、1804(文化元)年、世界で初めて全身麻酔による乳癌摘出手術に成功しました。

この間、母をなくし、妻をも失明させてしまうという経過において、全身麻酔療法(麻酔下手術)を成し遂げるということは、自身の努力とまわりの理解・協力がなければ叶うものではありません。
200年以上も前に行われていたこの偉業の経緯には、計り知れないものがあります。


そして青洲はその後、藩公の再三の招きも固辞し、在村のまま侍医となり、家塾(春林軒)を開き、1800人をこえる門人を世に送り出しました。

まさに臨床・研究・教育を完遂した驚異の偉人だといえます。


本日、「麻酔の日」は秋の晴天に恵まれています。

秋晴れのなか、オートキャンプ場で一晩を過ごしていました。

 

昨年の日記を振り返ってみたら、同日いい天気の中、近所の公園でピクニックに親しんでいました。昨年の私も充実していますね。

清々しい気持ちになります。

また、ログを残すということの効果、こころ豊かになりました。

 

仕事のことも考えますが、プライベートも充実です。

ワーク・ライフ・バランスといいますが、ワークもライフもひっくるめて

人生です。