朝活ドクター.com

麻酔科医師の研究日誌

これからの思いを強く、2022年7月。

アフターコロナで、また、その他の世界を震撼する出来事でさまざまな社会が動き出している。

この医療界にも働き方改革のさざ波が聞こえてきて、これが何を意味するかはわからないでしょうが、経済を含めた医療の縮小化につながっているのは手に取るようにわかる。経済・社会>>医療なのは当然だから。

 

私たちは、言われたことをただ続けてくるのを得意とした集団です(でした)。幼少のころからの教育にそって、どちらかというと親や先生に言われたことをしっかりこなしてきた結果、この道に進めた人が多いと思う。

ただ、これからは自分で考えて自分で将来を切り開いて自分の足でしっかりと前に進むという、当たり前のことを自分で決めて当たり前にできる人のところに、すべてのリソースは集まるようになります。

 

決して目の前で起きることを人のせいにはできません。周りに流されているうちに人生は終わってします、そう考えるようになりました。

 

麻酔科医を20年やってきて、やりたいことには、なるべくたくさん足を突っ込んで、経験させてもらって、土台作りをしたその中で本当に自分しかできないことを選択し、さらに楽しそうなことを提案して取り入れてきました。

業務では、手術麻酔、集中治療、医学教育、組織マネジメント、そして今のペインクリニック・緩和医療

臨床以外にも日々の取り組みには失敗も多くありました。ただ、これはすごいねと言われるような分野も多々ありました。最近行っている麻酔科学アカデミーという研修医勉強会は、成功しているかどうかはわかりませんが扱うコンテンツは尽きないし、ついてくる仲間はたくさんいるし、オンラインで発信することで興味を持つ人も絶えず増え、いつのまにか皆様に注目されるようになりました。

医学教育という、大学病院の医師にとっては欠かせない分野で、新たに自分たちの交流の場を作り上げていくそのような令和版寺小屋と、その斬新さやクリエイティブさが満点なのがたまらなく楽しいのです。

 

臨床では、新しく始めたペインクリニックの分野も日々充実してきています。

ペインクリニックは他の診療科とは異なった、「病気を治す科」ではなく、「病気による症状を緩和する科」なのです。全く異なった治療アプローチが必要です。

手術麻酔も悪い病気を治す治療に携わることが多いので、麻酔からペインクリニックへの移行もギャップが非常に多かったです。

いまは、麻酔も、集中治療も、ペインクリニック・緩和医療もすべてやっています。

しかし次の目標として、開業してなるべく多くの治療に携わるような環境づくりを始めていく段階に入ってきています。

ローカルか、グローバルか。

私は、自分の個性から思い返し、まずはローカルからかと考えています。

そしてそこにもたくさんの仲間作りを行って、楽しく人のためになれるような、医療分野を創造していきたいと考えています。

人生は短い。SDGsとはよく言ったものです。自分の思いがずっと続くような魂を育てていきたいと、ここのところ~本日、考えていました。

 

f:id:kamome_oita:20220701165827j:image

 

これからの学会参加のためのモチベーションと、その意義と。

出張帰りの空港で記事記載を行っています。

 

ほぼ2年ぶりとなる、出張。今回は学会出張。

コロナ禍で多くの集いがオンライン化するなか、

やはりフェイス・トゥー・フェイスでのコミュニケーションが必要と皆は感じている。

今回もあらゆる場面で、意義深い情報のやり取りができ、非常にためになる学会参加でした(♯第9回日本区域麻酔学会@宜野湾市

一つの演題(議題)に対し、複数の人が多方面からリアルタイムで身振り手振りコミュニケーションを交えて議論するスタイルで、その内容は、やはり濃くなる。

かといって、オンラインのコミュニケーションもますますありふれたものとなっていく。

オフラインで、リアルタイムで、複数名が同時にコミュニケーションを可能とする場が、より貴重となっていきます。

そしてそのために、そういう場を作って参加することの重要性がより増してくるものと思われます。

各自取り組みに関するモチベーションも高まります。

意識して作り、携わっていかなければなりません。

また、コミュニケーション格差が生まれますね。

 

議論を必要とする場をどんどん作っていきたいと思います。

また、感性を磨くためにも必要な場(学会等)には積極的に関わっていこうと考えています。

日曜日の午前の執筆タイム

コロナコロナで、ここまで世間の風が吹き遊び期間も長くなると、気が滅入ってしまいますね。もう2年になります。

脱コロナはおそらく人々の心の中でしかやってこない、そういう問題になってくるんでしょうね。

新しいことを始めた人はすでに大勢いて、私たちなんかも実は2年前には考えようもしなかったことを次々打ち立てて行っています。

久しぶりにブログを書く、っていうことは久しぶりにデスクでまとまった文字を書く余裕があるということです。

もうインプットはここらにして、早く次のステージへ進まなければなりません。

文字を書くということはそういうことです。

周りのみんなが、私たちが、自分自身が、ワクワクするような、新たなテクノロジーと医療という産業をクロスさせつつ、豊かな生活を目指していきます。

そんな中で、ベースとして仕事を頑張るというのは信念に持っております。

日本人に足りないのは「生涯教育」つまり社会に出た後のLearning to last。

また、STEAM教育のなかの「Art」の部分。

そして、「遊び」ー。

何かの本に書いていました。「遊ぶ」ことのハウトゥー本ってないですねって。

あと、争いは良くないですね。

500文字書けました。

読んでくれてありがとうございました。

次の目標に向かって頑張り中です。また気づいたところはお知らせしていきます。

 

報告!緩和ケア研修会にファシリテーターとして参加してきました!

f:id:kamome_oita:20211016161716j:plain本日は、緩和ケア研修会にファシリテーターとして参加してきました。


今日とても感激したことについて…


在宅緩和ケアクリニック院長のレクチャーの最後のひと言が印象的でした。


『患者さんは自宅で死にたいんではないんよ、自宅で生きたいんよ❗️』


心に響く…。


今日はファシリテーター側でしたが、大変勉強になりました。明日からの診療にまた役立てます。


皆さまお疲れ様でした。

最新刊書籍を選んでますか?アフターコロナの観点で。

本日の読書。
大前研一
ニューノーマル時代の『構想力』

多読家の皆さん。
新しい著書はしっかりと読めてますか?

古典と言われる著書?いわゆるベストセラー本は抑えている?
それももちろん大事ですが、時代は物凄く速いスピードで流れています。

ぜひコロナ禍以降の書籍を手に取りましょう。
今までの常識が全く通じないなんて、驚くことではありません。

そのような観点で書籍を選ぶことも大切です!

 

大前研一先生の本を、今回は選んでいます。

f:id:kamome_oita:20210815001742j:image

第22回大分県麻酔科学アカデミーのお知らせ

さて、第22回大分県麻酔科学アカデミーのご案内です。テーマは『麻酔科標榜医研修とは』❗️

 

もう22回となりましたね…驚。

 

臨床麻酔科学は、2年間指定された施設での麻酔科研修を修了すると、国家資格(厚生労働省)である『麻酔科標榜医』という資格を取得することができます。

 

簡単に言うと、日本国内で全身麻酔手術の麻酔担当医師になれるというもの(開会挨拶で簡単に紹介させていただきます)です。

大分県内では約50名の麻酔科標榜医(麻酔科学講座連携管轄)が、この専門資格を標榜し日々の臨床業務にあたっています。

 

ただ、この手術室内患者の安全確保を中心とした医療安全資格ともいえる臨床麻酔技術は、現代医療においては広く臨床の場に応用することが可能で、全ての医師にとって資格を超えたかけがえの無い専門技術とも揶揄されます。

 

実際に、2年間の麻酔科研修を終え、麻酔科学以外の分野で活躍をする医師は多々存在します。今回そのような先生方に、診療科の枠を超えて医療技術の経験をお話しいただきます。
本シリーズは、過去にも大変好評いただいた企画のうちのひとつです。

 

この麻酔科学アカデミーは、もともとは麻酔科学を超えた臨床医療での研修医を中心とした若手医師キャリアパスを学ぶ機会として開始したセミナーですが、最近は臨床医療のみならず、社会人として必要なアントレプレナーシップを学ぶ機会の場としての役割も担うようになり、参加者には『自分で気付く学び舎』を理念に、セミナー運営と情報交流を通じて多くの閃きや創造のきっかけを獲得する場との位置付けを私たちは意識するようになりました。

 

アフターコロナやSDGsはもちろんのこと、次世代を見据えた交流の場です。少しでも興味のある方は、ぜひぜひご参加ください。

 

申し込みURLは以下に添付致します。

https://eventpay.jp/event_info/?shop_code=4546524104152589&EventCode=2855015372

 

f:id:kamome_oita:20210718212544j:plain