麻酔科医『朝活ドクター』 の 研究日誌

~ ドクターズライフハック研究日誌 ~

ARDSベルリン基準

【過去の記事】

ARDS診断基準が変わります。


以前ブログに書きましたが、ARDSベルリン基準。

いよいよon line firstで登場しました。





Acute Respiratory Distress Syndrome Berlin Definition
The ARDS Definition Task Force
JAMA. 2012;307(23):doi:10.1001/jama.2012.5669


Link.




ARDSの新定義 Berlin Definition 2012

こういうガイドラインや定義は新しくなるたびに次の位置づけが難しいです。
しかし各施設ごとに異なる重症度評価を、ある一定の基準をもって分類し再度評価できるということは素晴らしいことと思います。

この定義が一般化されていくかどうかはわかりませんが、すくなくとも世界の専門家たちが議論に議論を重ねて作っていった賜物であることに違いはありません。

私達も勉強しなければなりません。

fromヨーロッパ。
このような情報もSNSとITで簡単に入手できるようになりました。



最終的にはそれぞれの施設の、目の前の患者さんにフィードバックできるかです。


医療も医学も、学会発表も、IT技術も、実に奥が深いです。